東京都内風俗営業許可風営法手続きに関する総合情報サイト。風営法の専門家「富岡行政法務事務所・風営法の手続き相談センター」が運営!

電話で問い合わせる

03-3428-4250
電話受付時間

平日9:00~18:00

ネットで問い合わせる

ネット受付時間
24時間365日いつでもOK!

特定遊興飲食店営業の許可を取る|最低限知っておくべき知識はこれだ

特定遊興飲食店営業の許可について情報をお探しの方、必見です!

そもそも…特定遊興飲食店営業って何?

 特定遊興飲食店営業とは、どういった営業のことを指すのでしょうか。

 名前だけを聞くとピンときませんが、一般的にはクラブやスポーツバー、ライブハウス、ショーパブ…などといった業態がこれにあたる、とされています(ここでいうクラブとは、ホステスさんが接待をするクラブではなくて、踊るほうのクラブをいいます)。

 

 これらの業態に共通するのは、「遊興」という概念なのですが、この「遊興」には、

  • 鑑賞型のサービス
  • 参加型のサービス

という二つのカテゴリーがあるとされており、警察に行くと、まず最初に「鑑賞型ですか?参加型ですか?」と聞かれますので、この点については最低限理解しておくことをおススメします。

 

 鑑賞型のサービスというのは、ショー等を鑑賞するよう、客に勧めたりする場合が該当します。ショーパブなどといった業態は、こちらに該当する場合が多いかと思います。

 一方、参加型のサービスというのは、遊戯等を行うよう、客に勧めたりする場合が該当します。例えばクラブはこちらに該当することになるかと思います。

 

 ただ、こうした業態のすべてが特定遊興飲食店営業として許可を受けなければならない、というわけではなく、特定遊興飲食店営業にあたるかどうかは、「深夜」「飲酒」「遊興をさせる」という3つのキーワードをもとに、そのお店の営業実態に基いて、個別具体的に判断していくことになります。

 

 では、その判断の基準はどこにあるのでしょうか。

 特定遊興飲食店営業にあたるのは、「深夜」という時間帯に「飲酒」をし、「遊興をさせる」という3点セットがすべて揃った場合です。

 この3点セットがすべて揃った場合は、警察(を通して公安委員会)の許可を受けなければ、営業することはできません。

 もし無許可で営業してしまうと…風営法第49条違反として、2年以下の懲役若しくは200万円以下の罰金又はこれの併科といって、ダブルで罰を受けることになります。

 

 ただ、上記3点セットがすべて揃わない場合は、特定遊興飲食店営業にはあたりませんので、許可は不要となります。例えば営業時間が深夜でないものや、深夜に営業するけど飲酒はしない・遊興はさせないという場合などです。

 

 ところで、この判断の前提となる「深夜」「飲酒」「遊興をさせる」といった概念ですが、突き詰めていくと非常に奥深いものがあります。

 正確に理解していないと、誤った判断をしてしまう可能性が大で、非常に危険ですので、本気で開業を検討されている場合は、当事務所までご相談いただいたほうが安全かと思います。

特定遊興飲食店営業のコアとなる概念、「遊興をさせる」とは

 特定遊興飲食店営業を考えるにあたって、「遊興をさせる」という概念は、絶対に外すことのできない非常に重要なものです。 

 遊興には鑑賞型と参加型の二つがある、という点については既に述べましたが、具体的には以下のような行為が「遊興をさせる」行為と考えられています。

  • 不特定の客にショー、ダンス、演芸その他の興行等を見せる行為
  • 不特定の客に歌手がその場で歌う歌、バンドの生演奏等を聴かせる行為
  • 客にダンスをさせる場所を設けるとともに、音楽や照明の演出等を行い、不特定の客にダンスをさせる行為
  • のど自慢大会等の遊戯、ゲーム、競技等に不特定の客を参加させる行為
  • カラオケ装置を設けるとともに、不特定の客に歌うことを勧奨し、不特定の客の歌に合わせて照明の演出、合いの手等を行い、又は不特定の客の歌を褒めはやす行為
  • バー等でスポーツ等の映像を不特定の客に見せるとともに、客に呼び掛けて応援等に参加させる行為 

 ここで注意を要するのが、「営業者側が積極的に遊び興じさせるかどうか」ということです。

 許可を要するのは、あくまでも「遊興をさせる」場合です。

 遊興を「する」、というのではなく、遊興を「させる」という、この微妙な違いを読み取って下さい。

 例えば、ショー等を客の反応に合わせながら行ったり、スポーツの映像を流して、その応援を客に積極的に呼び掛けて参加させたりすれば、それは遊興を「させた」ということになります。

 これに対して単にスポーツ映像を流すだけの場合や、客が勝手に応援をしたという場合は遊興を「させた」ことにはなりません。営業者側に「させる」という積極性があるかどうか、という点が重要になってくるのです。

特定遊興飲食店営業と風俗営業の「合わせ技」

 このような特徴を持つ「特定遊興飲食店営業」ですが、実は風俗営業とあわせて営むことができます。

 風俗営業単体で営む場合は、午前0時ないしは午前1時にはキッチリと店を閉めなければならないのですが、特定遊興飲食店営業との合わせ技でいけば、朝まで営業する事が可能となるのです。

 店の賃料は安くはないですので、できる限り有効活用したい、という営業者の方は多いです。ただしこれをする場合は、営業の継続性を完全に断つ、という条件を守ることが必要となり、その他にも実務上、色々と講じなければならないことがあります。

 クリアすべきハードルは高いですが、不可能ではありません。ご希望の場合は、当事務所までご相談下さい。


 ちなみに、ここまでの話は許可を取るまでの話であって、許可を取った後も守らなければならないことはたくさんあります。

 ちょっとした不注意ですぐに風営法違反となってしまいますので、そうならないために、特定遊興飲食店営業を開業しようと思っている方は、風営法の基本的な知識を身に付けておいたほうがいいかと思います。

 

 富岡行政法務事務所は<風営法専門>の事務所として、豊富な経験に裏打ちされた様々なノウハウを有しています。また、それらをわかりやすく解説した多くのコンテンツを提供しています。まずはこれらをご覧になり、その全体像をざっくりと掴んでみて下さい。

 ただしページの関係上で、そのすべてをご紹介することはできませんので、全体を通じて非常にざっくりとした解説となっています。当事務所のコンテンツは、これから先、ご自身で勉強される際のキッカケとしてご活用していただければ、と思っております。

 ちなみに、下でご紹介する各コンテンツは、いずれも都内で特定遊興飲食店営業を営む方であれば、最低限知っておいていただきたい知識ばかりです。

 

 何だか面倒臭いな…そう思われた方は、手続き関係のことを、当事務所に全て丸投げしてしまうことも可能ですので、その際はお問い合わせいただければ、と思います。<風営法専門>の事務所として高い専門性を有しておりますので、きっとご満足いただける質の高いサービスを提供できることと思います。

富岡行政法務事務所は「特定遊興飲食店営業」に関するコンテンツが充実!

 特定遊興飲食店営業は、風営法で規制対象となっている他の業態と比べると、箱が大きめなため、動く金額もそれなりに大きくなります。そのため、営業停止などの行政処分は死活問題に直結します。

 ですので、風営法違反を決してナメずに、法令遵守の姿勢で堅実な運営を行うことが大切です。

 

 渋谷区では、特定遊興飲食店営業を無許可で行った者の逮捕事案も発生しています。↓

 特定遊興飲食店営業を無許可でやると…|風営法違反で逮捕??

 

 下の各コンテンツが、風営法違反とならないための一助となれば幸いです。

特定遊興飲食店営業の許可を取る際に必要な「3つの視点」について知りたい方(おススメ!)

特定遊興飲食店営業を規制する風営法について、概要を知りたい方

特定遊興飲食店営業の法的な位置付けや風営法で規制対象となっている他の業態を知りたい方

自分は特定遊興飲食店営業の許可が取れるか、について知りたい方

※上記のページは「風俗営業」のことを念頭において作成しております。ただし、特定遊興飲食店営業は風俗営業の多くの規定を準用していますので、ご参考になるかと思います。

東京都で特定遊興飲食店営業の許可を取る手順について知りたい方

※上記のページは「風俗営業」のことを念頭において作成しております。ただし、特定遊興飲食店営業は風俗営業の多くの規定を準用していますので、ご参考になるかと思います。

特定遊興飲食店営業の許可を取る際にぶち当たる「壁」ついて知りたい方

※上記のページは「風俗営業」のことを念頭において作成しております。ただし、特定遊興飲食店営業は風俗営業の多くの規定を準用していますので、ご参考になるかと思います。

特定遊興飲食店営業の許可を取った後、気を付ける注意点は何か知りたい方

※上記のページは「風俗営業」のことを念頭において作成しております。ただし、特定遊興飲食店営業は風俗営業の多くの規定を準用していますので、ご参考になるかと思います。

特定遊興飲食店営業の経営者が知っておくべき風営法違反の罰則について

特定遊興飲食店営業を規制する風営法の条文を見てみたい方

特定遊興飲食店営業を開業する際の窓口はどこ?と思われた方

※「特定遊興飲食店営業」と「風俗営業」は、風営法上、別カテゴリーのものです。ただし、窓口は同じですので、上記リンクは「特定遊興飲食店営業許可の窓口一覧」と読み替えて下さい。

警察から指導を受けてしまった方

変更事項が発生した場合の考え方について知りたい方

特定遊興飲食店営業の開業に必要な管理者について知りたい方

風営法の規制って…そもそもどうなの?と疑問を持たれた方

※上記のページは「風俗営業」のことを念頭において作成しております。ただし、特定遊興飲食店営業は風俗営業の多くの規定を準用していますので、ご参考になるかと思います。

性風俗は「届出」、特定遊興飲食店営業は「許可」…何が違うの?と思われた方

特定遊興飲食店営業の営業時間について知りたい方

許可の取消処分について、少しだけ深く知りたい方

※上記のページは「風俗営業」のことを念頭において作成していますが、特定遊興飲食店営業は風俗営業の多くの規定を準用していますので、参考になるかと思います。

風営法と未成年者の関係について、ざっくりと知っておきたい方

特定遊興飲食店営業の営業所に備えつける「従業者名簿」について、ざっくりと知っておきたい方

カラオケを設置する際に気を付けるべき「3つのこと」について知りたい方

特定遊興飲食店営業と関係の深い飲食店営業の許可申請について、ざっくりと知っておきたい方

 上記の他にも、風営法関連のコンテンツが充実しています。じっくりとご覧になって下さい。当事務所のコンテンツは、いずれも特定遊興飲食店営業を営む方にとって必要なことばかりです。

 ちなみに当事務所は、特定遊興飲食店営業に関して、実績が多数ございます。

 実録!お客様の声にもあるように、多くの方が当事務所に手続きを依頼し「ラク」をしています。自分も丸投げしたい…そう思われた方は、お気軽にお問い合わせ下さい。きっとあなたのお役に立てることと思います。


 ※「風営法」と「風適法」は、表現の仕方が微妙に異なり、この点については、こだわると奥が深いです。しかしここでは「ざっくりと理解する」ことが目的ですので、詳細な説明は省略とし、一般的によく使われている「風営法」という表現を使用しています。

 また、その他の箇所についても、同様の趣旨から、ざっくりとした表現や内容となっております。予めご了承下さい。

当事務所は「風営法」に関するコンテンツが充実!以下のページもご覧ください!!

富岡行政法務事務所は「風営法」に関する動画コンテンツも充実!

東京都内の風俗営業許可・風営法の手続きが専門の富岡行政法務事務所・風営法の手続き相談センターは、風俗営業許可や風営法に関するコンテンツが充実。下の4本のオリジナル動画もどうぞご覧下さい。

■そもそも…「風俗営業」って、一体何なの??

■風俗営業の許可って、取るのが難しいらしいけど…何で?

■風営法ってホントは簡単なんでしょ?(←疑いの目)…そこで実際に「体験」してみましょう!!

■【番外編】「桜田門・警視庁」を飲む:入手困難な激レア焼酎です!

風営法と関係の深い「飲食店営業」の許可に関する事は、こちらが役に立ちます!

執筆者情報:この記事って誰が書いてるの?

 「執筆者不明」の記事が多いインターネットの世界ですが、品質を重視する富岡行政法務事務所では、この点を明確にしています。この記事は、下記の富岡勉(富岡行政法務事務所)が作成しております。

 これは私見ですが、情報の扱いが曖昧な事務所が非常に多いです。

 情報を発信する時も受け取る時も、きちんとした体制が整っているか、信頼できるか…こうした点も事務所選びの参考になさって下さい。

 富岡行政法務事務所では、SSL(https://~)の導入による情報の暗号化、執筆者情報公開などの体制を整え、常に依頼者の目線・立場でサービスを提供しております。

【この記事の執筆者】富岡行政法務事務所・代表行政書士:富岡勉

【執筆者】富岡 勉(とみおか つとむ)

1974年東京生まれ。

■慶應義塾大学を卒業した後、大学院で行政法(行政裁量)を研究。2001年行政書士試験合格。 

■現在、東京都行政書士会所属行政書士、富岡行政法務事務所所長。専門は風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律と、同法をめぐる裁量問題。理論と実務の両方に詳しい。

■行政書士・富岡勉からのメッセージ

 字数等の制約もあるため、ここに全ての情報を盛り込むことはできませんでした…。お伝えしたい情報は、まだまだございます!

 このページをご覧になっても問題が解決しなかった場合は、風営法が専門の富岡行政法務事務所まで直接ご相談下さい。「風営法に関するお悩みゼロ」を確約いたします。↓↓

東京都内の風営法に関する手続きは富岡行政法務事務所に全てお任せ下さい!

東京都内の風俗営業許可・風営法の手続き専門!富岡行政法務事務所は「風営法のお悩みゼロ」を確約します!
東京都内の風俗営業許可・風営法の手続き専門・富岡行政法務事務所は、カード払いもOK!VISA、MASTER、AMEX、JCB、DINERSに対応しています

●自分でやるより早くて楽!

●許可や手続きの事は当事務所に任せて、浮いた時間は本業に!!

●東京都内で風営法に関する手続きをするなら、風営法・風俗営業許可のプロフェッショナル「富岡行政法務事務所・風営法の手続き相談センター」に全てをお任せ下さい

電話で問い合わせる(受付時間:平日9:00~18:00)

03-3428-4250

ネットで問い合わせる(24時間365日いつでもOK!)

東京都で風営法の手続きをする方
まずは当事務所に相談して下さい

当事務所へのお問い合わせ方法は二つ!
お電話またはインターネットで!

お電話で問い合わせる

(受付時間:平日9:00~18:00)

03-3428-4250

ネットで問い合わせる

(24時間365日いつでもOK!)

風営許可お役立ちコンテンツ&富岡行政法務事務所のご案内

風営法ショートコメント

風俗営業の許可が出る前に営業すると…
港区赤坂の深夜酒類提供飲食店営業届出
立川市の風俗営業許可申請
東京都内:無許可風俗営業の逮捕
風俗営業許可申請と会社設立
八王子市の飲食店営業許可申請
キャバクラと未成年
新宿二丁目の深夜酒類提供飲食店営業
世田谷区の深夜酒類提供飲食店営業
店舗型性風俗特殊営業と風営法
港区六本木の風俗営業許可申請
渋谷区代々木の特定遊興飲食店営業
江戸川区小岩の飲食店営業許可申請
特定遊興飲食店営業を無許可でやると…
湯島の深夜酒類提供飲食店営業届出
新宿区大久保の深夜酒類提供飲食店営業
警察の立入り拒否で逮捕:風営法違反
港区新橋の風俗営業許可申請
港区赤坂の深夜酒類提供飲食店営業
渋谷区の飲食店営業許可申請
スナックと飲食店営業許可
歌舞伎町の風俗営業許可申請
スナックの営業時間と風営法
港区赤坂の風俗営業許可申請
三軒茶屋の深夜酒類提供飲食店営業届出
歌舞伎町の深夜酒類提供飲食店営業届出
小金井市の風俗営業許可申請
中野区の深夜酒類提供飲食店営業届出
歌舞伎町で雀荘を開業する
湯島の風俗営業許可申請と深酒届出
渋谷区の深夜酒類提供飲食店営業届出
赤坂警察署の風俗営業許可申請
渋谷区の風俗営業許可申請と深酒届出
練馬区の風俗営業許可申請

SSLだから安全・安心です

富岡行政法務事務所はSSLを導入済み。お客様の大切な個人情報を守ります!

お客様の個人情報を大切にする富岡行政法務事務所だから…
もちろんSSLにも対応!
アドレスバーの「https:」が信頼の証です

データは全て暗号化されていますので、お問い合わせフォームにも安心して入力できます

お客様の個人情報はとても大切なもの。依頼するときは、その事務所が「信頼できるか」をよく見極めて下さい

SSL導入の有無は、その判断の目安になるかと思います