東京都内風俗営業許可風営法手続きに関する総合情報サイト。風営法の専門家「富岡行政法務事務所・風営法の手続き相談センター」が運営!

電話で問い合わせる

03-3428-4250
電話受付時間

平日9:00~18:00

ネットで問い合わせる

ネット受付時間
24時間365日いつでもOK!

ゲームセンターの開業と風俗営業許可|規制は?営業時間は?

親子連れ、カップルなどに大人気のゲームセンター…実は「風俗営業」なんです!

 ゲームセンターは風営法第2条第1項第5号に該当する「風俗営業」です。

 風俗営業は1号から5号までありますが、この5号(ゲームセンター)については、他の風俗営業と異なり、「親子やカップルで行った事がある」という方も多いのではないでしょうか。メダルゲームやUFOキャッチャーなど…幅広い世代・層に人気のこの業態ですが、実はゲームセンターが「風俗営業」である、と聞くと、皆さんとてもビックリされます。

 ここではこのゲームセンターに関するいくつかの話題を、風営法や風俗営業許可の話も絡めつつ、ざっくりと解説してみたいと思います。

なぜゲームセンターが風営法で規制の対象となっているの?

 ゲームセンターが風営法で規制の対象となっているのは、それが「ゲーム機賭博」や「少年非行の温床」となるおそれがあるからです。

 ゲームセンターの遊技設備の中には、遊技の結果が点数などの形で定量的に出るものや、「勝」「負」として表れるものなどがあります。これは使いようによっては賭博にも転用可能なわけで、そうなると、風営法の目指す「善良の風俗と清浄な風俗環境」の保持に障害を及ぼす可能性があります(この<使いようによっては>というところが、4号営業と5号営業を分ける異なる重要なところです。条文をよく見ると、4号営業は「射幸心をそそるおそれのある遊技」、5号営業は「射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの」となっています。この微妙な違いを読み取って下さい。条文の原文を見たい方は、「風営法を読んでみよう!」のページへ行き、第2条第1項を見て下さい)。

 

 話を元に戻しますが、風営法は、第2条第1項の1号から3号までのいわゆる接待飲食等営業とよばれる業態については主に「売春」、4号から5号の遊技関係の風俗営業に関しては、主に「賭博」が敢行されることを警戒しているのです。

 ゲームセンターが風営法で規制対象となったのは昭和59年の風営法改正時ですが、この時は実際にゲーム機賭博事犯がよく摘発されていましたし、また、少年のたまり場ともなり、社会問題となっていたことを覚えている方も多いかと思います。当時、マスコミでもよく取り上げられていましたし、私もその時の状況はよく覚えています。

 また、当時のゲームセンターは暴力団が何らかの形で関与している例も散見されたことから、ゲームセンターを許可制の風俗営業とし、人的欠格事由といった側面からこれを排除する必要があった…ということも、規制に至った理由の一つとして挙げられます。

 このように、ゲームセンターの持つ特性と、実際の社会情勢等が複合的に絡み合った結果、風営法で規制されることとなったのです。

ゲームセンターに対する風営法の規制

 ではゲームセンターが現状、「風俗営業」にあたるとして、具体的にどういった規制がかけられているのでしょうか。

 まず当然のことながら、他の風俗営業と同様の一般的規制がかかります。これらについては、当事務所ホームページの随所で触れられていますので、お読みいただくこととして、ここではそれ以外の、ゲームセンターに特有な規制について、ざっくりと解説してみたいと思います。

ゲームセンターの遊技設備に対する規制

 基本的に遊技の結果が数字や文字等といった形で定量的に表れるものは、いわゆる対象機として規制の対象となります。

 例えば、スロットマシン、テレビゲーム機、フリッパーゲーム機などがこれにあたりますが、ルーレット台やトランプ台、これに類する設備についても規制の対象となっています。

 最近アミューズメントカジノが増えていますが、この業態について、警察は非常に警戒をしています。賭博などの違法行為を行わないよう、気を付けて下さい。

ゲームセンターの営業時間に対する規制

 風俗営業の営業時間については、その詳細が<条例事項>となっています。ですので、ここでは東京都の場合を例にとって、ざっくりと解説します。

 ゲームセンターで「時間」という概念が出てきたときには、「営業時間」と「年少者の立入り制限時間」を混同しないようにして下さい。

 「営業時間」は東京都の場合、原則午前0時から午前10時が禁止となっていますが、営業延長許容地域では午前1時から午前10時が禁止となっています。営業延長許容地域というのは、営業時間が原則午前0時までであるところ、特別に午前1時までやってもいいですよ、という地域です。

 この地域の詳細については、「風俗営業許可の窓口一覧」をご参照ください。該当する地域(例えば渋谷区のところ)をクリックすると、その地域で午前1時まで営業OKな場所が「…△番地」に至るまで詳細に記載されています。なお、営業時間についてはこれ以外のパターンもあり、詳しくは条例を見るとよくわかります。

 そしてこの「営業時間」とは別に、「年少者の立入りが制限されている時間」がありますので、注意して下さい。例えば、16歳未満の者は18時から22時までの間、保護者同伴でなければならない、などはその一例です。

ゲームセンターに関するその他留意事項

ゲームセンターの遊技設備がリースの場合

 この場合は、「誰が実質的営業者か」という点について、若干注意を要します。管理をしている主体、利益が帰属する主体といった点に着目しつつ、個別具体的に判断する事になります。

 定額で賃貸しており、売上や営業方法等の管理についても、ゲームセンターを営んでいる者が行っている場合であれば、ゲームセンターを営む者が営業者となりますし、売上管理や営業上の危険負担をすべてリースする者が負っているというのであれば、リースをする者が実質的営業者となります。

ゲームセンターのいわゆる10パーセント規制

 例えば飲食店などの片隅に遊技設備をちょっとだけ置きたい…だけど規模的にゲームセンターほどではない、こういった場合があると思います。例えばダーツバーなどの業態がこれに該当します。

 このような時は、特別に5号営業の許可を取らなくても大丈夫な場合があります。ざっくり言うと、「客の遊技の用に供される部分」の床面積が、「客の用に供される部分」の10%を越えなければ、許可を取らなくてもOKというものなのですが、計算の前提となる「用に供される」の解釈等、突き詰めると非常に細かくなるので、ここではこういったものがある、という程度のざっくりとした理解でOKです。詳細をお知りになりたい場合は、実際に店舗までお伺いする出張相談にて、正確に計算&ご説明をさせていただきます。

 

 この他にもゲームセンター特有の規制はいくつもあります。例えば、旅館・ホテルやショッピングセンターなどの一角にゲームコーナーがあるのを見た方も多いと思いますが、このような場合の風営法上の取り扱いや、UFOキャッチャーなどの場合、いくらまでの物品であれば提供していいのか…等、ゲームセンターに関しては、色々と細かい規制があります。

 詳しくお知りになりたい方は、実際に店舗を見た上で、色々とご相談に応じますので、出張相談のお申し込みをいただければ、と思います。

 

 ※「風営法」と「風適法」は、表現の仕方が微妙に異なり、この点については、こだわると奥が深いです。しかしここでは「ざっくりと理解する」ことが目的ですので、詳細な説明は省略とし、一般的によく使われている「風営法」という表現を使用しています。

 また、その他の箇所についても、同様の趣旨から、ざっくりとした表現や内容となっております。予めご了承下さい。

執筆者情報:この記事って誰が書いてるの?

 「執筆者不明」の記事が多いインターネットの世界ですが、品質を重視する富岡行政法務事務所では、この点を明確にしています。この記事は、下記の富岡勉(富岡行政法務事務所)が作成しております。

 これは私見ですが、情報の扱いが曖昧な事務所が非常に多いです。

 情報を発信する時も受け取る時も、きちんとした体制が整っているか、信頼できるか…こうした点も事務所選びの参考になさって下さい。

 富岡行政法務事務所では、SSL(https://~)の導入による情報の暗号化、執筆者情報公開などの体制を整え、常に依頼者の目線・立場でサービスを提供しております。

【この記事の執筆者】富岡行政法務事務所・代表行政書士:富岡勉

【執筆者】富岡 勉(とみおか つとむ)

1974年東京生まれ。

■慶應義塾大学を卒業した後、大学院で行政法(行政裁量)を研究。2001年行政書士試験合格。 

■現在、東京都行政書士会所属行政書士、富岡行政法務事務所所長。専門は風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律と、同法をめぐる裁量問題。理論と実務の両方に詳しい。

■行政書士・富岡勉からのメッセージ

 字数等の制約もあるため、ここに全ての情報を盛り込むことはできませんでした…。お伝えしたい情報は、まだまだございます!

 このページをご覧になっても問題が解決しなかった場合は、風営法が専門の富岡行政法務事務所まで直接ご相談下さい。「風営法に関するお悩みゼロ」を確約いたします。↓↓

当事務所は「風営法」に関するコンテンツが充実!以下のページもご覧ください!!

風営法と関係の深い「飲食店営業」の許可に関する事は、こちらが役に立ちます!

東京都内の風営法に関する手続きは富岡行政法務事務所に全てお任せ下さい!

東京都内の風俗営業許可・風営法の手続き専門!富岡行政法務事務所は「風営法のお悩みゼロ」を確約します!
東京都内の風俗営業許可・風営法の手続き専門・富岡行政法務事務所は、カード払いもOK!VISA、MASTER、AMEX、JCB、DINERSに対応しています

●自分でやるより早くて楽!

●許可や手続きの事は当事務所に任せて、浮いた時間は本業に!!

●東京都内で風営法に関する手続きをするなら、風営法・風俗営業許可のプロフェッショナル「富岡行政法務事務所・風営法の手続き相談センター」に全てをお任せ下さい

電話で問い合わせる(受付時間:平日9:00~18:00)

03-3428-4250

ネットで問い合わせる(24時間365日いつでもOK!)

東京都で風営法の手続きをする方
まずは当事務所に相談して下さい

当事務所へのお問い合わせ方法は二つ!
お電話またはインターネットで!

お電話で問い合わせる

(受付時間:平日9:00~18:00)

03-3428-4250

ネットで問い合わせる

(24時間365日いつでもOK!)

風営許可お役立ちコンテンツ&富岡行政法務事務所のご案内

風営法ショートコメント

風俗営業の許可が出る前に営業すると…
港区赤坂の深夜酒類提供飲食店営業届出
立川市の風俗営業許可申請
東京都内:無許可風俗営業の逮捕
風俗営業許可申請と会社設立
八王子市の飲食店営業許可申請
キャバクラと未成年
新宿二丁目の深夜酒類提供飲食店営業
世田谷区の深夜酒類提供飲食店営業
店舗型性風俗特殊営業と風営法
港区六本木の風俗営業許可申請
渋谷区代々木の特定遊興飲食店営業
江戸川区小岩の飲食店営業許可申請
特定遊興飲食店営業を無許可でやると…
湯島の深夜酒類提供飲食店営業届出
新宿区大久保の深夜酒類提供飲食店営業
警察の立入り拒否で逮捕:風営法違反
港区新橋の風俗営業許可申請
港区赤坂の深夜酒類提供飲食店営業
渋谷区の飲食店営業許可申請
スナックと飲食店営業許可
歌舞伎町の風俗営業許可申請
スナックの営業時間と風営法
港区赤坂の風俗営業許可申請
三軒茶屋の深夜酒類提供飲食店営業届出
歌舞伎町の深夜酒類提供飲食店営業届出
小金井市の風俗営業許可申請
中野区の深夜酒類提供飲食店営業届出
歌舞伎町で雀荘を開業する
湯島の風俗営業許可申請と深酒届出
渋谷区の深夜酒類提供飲食店営業届出
赤坂警察署の風俗営業許可申請
渋谷区の風俗営業許可申請と深酒届出
練馬区の風俗営業許可申請

SSLだから安全・安心です

富岡行政法務事務所はSSLを導入済み。お客様の大切な個人情報を守ります!

お客様の個人情報を大切にする富岡行政法務事務所だから…
もちろんSSLにも対応!
アドレスバーの「https:」が信頼の証です

データは全て暗号化されていますので、お問い合わせフォームにも安心して入力できます

お客様の個人情報はとても大切なもの。依頼するときは、その事務所が「信頼できるか」をよく見極めて下さい

SSL導入の有無は、その判断の目安になるかと思います