東京都内風俗営業許可風営法手続きに関する総合情報サイト。風営法の専門家「富岡行政法務事務所・風営法の手続き相談センター」が運営!

電話で問い合わせる

03-3428-4250
電話受付時間

平日9:00~18:00

ネットで問い合わせる

ネット受付時間
24時間365日いつでもOK!

東村山市でスナック・バーを開業する|これが届出手続きの全体像!

東村山市でスナック・バーを開業する方、必見!のお役立ちコンテンツです

スナックやバーの開業、何の手続きが必要なの?

 東村山市でスナックやバー(bar)を開業するためには、原則として、保健所と警察署の2箇所で手続きをする必要があります。

 スナックやバー(bar)に近い業態として、ガールズバー、ゲイバー、ダーツバー、居酒屋…などもありますが、これらを開業する場合も、手続き的には同じです。

 

  • 保健所で:「飲食店営業」の許可申請
  • 警察署で:「深夜における酒類提供飲食店営業」の営業開始届出

 

 この他にも役所関係の手続きはありますが(税金関係など)、とりあえず、開業時のスタートとなる手続きは、上にあげた保健所と警察署です。

 

 手続きの流れは

1 保健所で「飲食店営業」の許可を取る

2 警察署で「深夜における酒類提供飲食店営業」の届出をする

という順番となります。

 なぜなら、警察署で手続きをするときに<飲食店営業の許可書>が必要となるからです。

どこの窓口に行けばいい?

 保健所と警察署の2箇所で手続きをする必要がある、といいましたが、このうち、警察署での手続きは、「午前0時以降も引き続き営業する場合」に必要となるものです。 

 ですので、午前0時にキッチリ店を閉める、というのであれば、手続き的には保健所の飲食店営業許可だけでOKです。

 

 なぜ午前0時が分かれ目になるかといいますと、深夜にこうした業態を営むと、酔客の出入り等によって、周辺の環境などに影響を及ぼす可能性がある、と考えられているからです。

 また、深夜営業のお店は、非行少年等のたまり場となってしまったという歴史的いきさつもあります。

 ですので、「善良の風俗と清浄な風俗環境を保持」するために、風営法で届出を要する業態となっているのです。

 

 では、どこの警察署に行って届出をすればいいのでしょうか。

 正解は「お店の場所を管轄している警察署」となります。見当違いのところに行くと「門前払いとなって終了」となってしまいますので、十分に注意して下さい。 

 東村山市の場合、東村山警察署に行くことになります。

 

 以下、東村山市でスナックやバーを開業する時の窓口(保健所、警察署)をご紹介しますので、参考になさって下さい。

多摩小平保健所(飲食店営業許可申請)

【電話】042・450・3111

【保健所所在地】小平市花小金井1-31-24

【所管区域】小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市

東村山警察署(深夜における酒類提供飲食店営業の届出)

【所在地】東村山市本町一丁目1番地3

【電話番号】042・393・0110㈹

【アクセス】西武新宿線、西武国分寺線、西武園線「東村山駅」から徒歩

【管轄】東村山市、清瀬市

飲食店営業許可について

 東村山市でスナックやバーを開業する方は、まず多摩小平保健所で<飲食店営業の許可>を取るための手続きをしなければなりません。

 

 流れとしては、保健所の窓口で事前相談をした後、必要書類の収集&作成をして、再び保健所に行き、書類を提出します。その後、保健所担当者による施設検査に立ち会って、検査OK!となったら、飲食店営業の許可が出る仕組みとなっています。

 なお、許可書を受け取るために、再度保健所に行かなければなりませんので、飲食店営業の許可を取るだけで、数回は保健所に足を運ぶ必要があります。

 ちなみに、事前相談は、当事務所のように手続きに慣れている者の場合、省略することも可能です。

 

 ここでは簡潔に説明していますので、簡単な手続きのようにも思えますが、実際にはなかなか面倒なものとなっています。

 

 まず、オープン前の忙しい時期に、何度か多摩小平保健所に行かなければなりません。

 また、施設検査にしても、立ち合いが必要となりますので、予定を空けておく必要が出てきます。

 そして検査については、OKとなる基準というものが細かく決まっていますので、検査でそれに適合していないことが判明した場合は「再調査」となり、無駄な時間を食ってしまう可能性もあります。

 内装工事を進めてしまった場合は、軌道修正が必要になる場合も出てきますし、特に水周りの再工事は、思っている以上にお金がかかりますので、要注意です。

 

 飲食店営業の許可について詳しく知りたい!という方は、<やさしく読んでざっくり理解!飲食店営業許可「超」入門!>というコンテンツを用意していますので、どうぞそちらをご覧下さい。施設の基準なども含め、飲食店営業許可の全体像が理解できるかと思います。

 

 「何だか面倒そうだな…忙しいし…誰か代わりにやってくれないかな…」と思われた方は、当事務所に手続きのすべてを丸投げしてしまう、ということも可能です。その場合、あなたがやることは…「何もありません」(笑)。

 書類の収集や作成、保健所への提出や検査の立ち合いといったことは、全て当事務所が代わりに行いますので、あなたは何もしなくても大丈夫です。手続きの全てを飲食店営業の許可に精通した専門家が行いますので、<許可基準に合致していなくて再工事!>という無駄も一切発生しません。

「深夜における酒類提供飲食店営業」の届出

 最初に述べたように、午前0時で閉店、という場合は、飲食店営業の許可だけでもOKです。

 ただし、その場合は午前0時でキッチリ店を閉めないと、「風営法違反」となって警察から容赦ない指摘を受けることになります。このキッチリ、というところが重要で、得てしてちょっとだけ…と延長しているその時に、警察の立入りがあったりしますので、注意が必要です。

 

 警察は定期的に地域を巡回していますので、無届営業はすぐに見つかってしまいます。たとえすぐに取締りに来ないとしても、取締り強化の時期などに、こうしたお店が真っ先に狙われますので、「何も言ってこないから大丈夫」とタカをくくっていると、思わぬ時に突然<無届営業!>として、風営法違反となってしまいます。

 警察は風営法違反に対しては厳しい姿勢を取っていますので、「近所の役所と同じノリで笑ってごまかせば何とかなる」、というわけにはいきません。お気をつけ下さい。

 

 こうならないように、「深夜における酒類提供飲食店営業」の手続きをキチンとしようと思っても、これは飲食店営業の許可と違い、なかなかハードルが高いものとなっていますので、ご自身でされる場合は、何度も警察署に足を運ぶことになるかと思います。

 

 図面一つとっても、飲食店営業の許可とは比べ物にならないくらい細かいものが要求されますし、添付書類の数も桁違いに多くなりますので、心しておかなければなりません。

 当事務所に依頼してくる多くの方が、書類の再提出、再々提出、再々々提出をくらい、どうしようもなくなって当事務所に駆け込んできます。

 

 「深夜における酒類提供飲食店営業」は風営法で規制の対象となっている業態ですので、警察の態度も厳しいです。「書類の再提出?そんな悠長なことやってられないよ!」という方は、最初から当事務所に丸投げしてしまったほうが、結果的には「早くて楽チン!」ということになります。この意味は、自分で実際にやってみれば…きっとわかります。

 

 当事務所は風営法専門の事務所ですので、この「深夜における酒類提供飲食店営業」の手続きについて、豊富な実績がございます。また、「深夜における酒類提供飲食店営業」に関するコンテンツも豊富に用意しておりますので、関心のある方は、どうぞご覧になってみて下さい。

 深夜酒類提供飲食店営業と風営法|許可?届出?違反時の罰則は?の記事がおススメです。

東村山市のスナック、バー開業、ここがポイント!

東村山市での開業手続き:ここがポイント!

  • 保健所の手続きは「多摩小平保健所」で行います

 

  • 警察署の手続きは「東村山警察署」の生活安全課で行います

 

  • 警察署の手続きは、午前0時以降も引き続き営業する場合に必要となります

 ※「風営法」と「風適法」は、表現の仕方が微妙に異なり、この点については、こだわると奥が深いです。しかしここでは「ざっくりと理解する」ことが目的ですので、詳細な説明は省略とし、一般的によく使われている「風営法」という表現を使用しています。

 また、その他の箇所についても、同様の趣旨から、ざっくりとした表現や内容となっております。予めご了承下さい。

執筆者情報:この記事って誰が書いてるの?

 「執筆者不明」の記事が多いインターネットの世界ですが、品質を重視する富岡行政法務事務所では、この点を明確にしています。この記事は、下記の富岡勉(富岡行政法務事務所)が作成しております。

 これは私見ですが、情報の扱いが曖昧な事務所が非常に多いです。

 情報を発信する時も受け取る時も、きちんとした体制が整っているか、信頼できるか…こうした点も事務所選びの参考になさって下さい。

 富岡行政法務事務所では、SSL(https://~)の導入による情報の暗号化、執筆者情報公開などの体制を整え、常に依頼者の目線・立場でサービスを提供しております。

【この記事の執筆者】富岡行政法務事務所・代表行政書士:富岡勉

【執筆者】富岡 勉(とみおか つとむ)

1974年東京生まれ。

■慶應義塾大学を卒業した後、大学院で行政法(行政裁量)を研究。2001年行政書士試験合格。 

■現在、東京都行政書士会所属行政書士、富岡行政法務事務所所長。専門は風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律と、同法をめぐる裁量問題。理論と実務の両方に詳しい。

■行政書士・富岡勉からのメッセージ

 字数等の制約もあるため、ここに全ての情報を盛り込むことはできませんでした…。お伝えしたい情報は、まだまだございます!

 このページをご覧になっても問題が解決しなかった場合は、風営法が専門の富岡行政法務事務所まで直接ご相談下さい。「風営法に関するお悩みゼロ」を確約いたします。↓↓

当事務所は「風営法」に関するコンテンツが充実!以下のページもご覧ください!!

風営法と関係の深い「飲食店営業」の許可に関する事は、こちらが役に立ちます!

東京都内の風営法に関する手続きは富岡行政法務事務所に全てお任せ下さい!

東京都内の風俗営業許可・風営法の手続き専門!富岡行政法務事務所は「風営法のお悩みゼロ」を確約します!
東京都内の風俗営業許可・風営法の手続き専門・富岡行政法務事務所は、カード払いもOK!VISA、MASTER、AMEX、JCB、DINERSに対応しています

●自分でやるより早くて楽!

●許可や手続きの事は当事務所に任せて、浮いた時間は本業に!!

●東京都内で風営法に関する手続きをするなら、風営法・風俗営業許可のプロフェッショナル「富岡行政法務事務所・風営法の手続き相談センター」に全てをお任せ下さい

電話で問い合わせる(受付時間:平日9:00~18:00)

03-3428-4250

ネットで問い合わせる(24時間365日いつでもOK!)

東京都で風営法の手続きをする方
まずは当事務所に相談して下さい

当事務所へのお問い合わせ方法は二つ!
お電話またはインターネットで!

お電話で問い合わせる

(受付時間:平日9:00~18:00)

03-3428-4250

ネットで問い合わせる

(24時間365日いつでもOK!)

風営許可お役立ちコンテンツ&富岡行政法務事務所のご案内

風営法ショートコメント

風俗営業の許可が出る前に営業すると…
港区赤坂の深夜酒類提供飲食店営業届出
立川市の風俗営業許可申請
東京都内:無許可風俗営業の逮捕
風俗営業許可申請と会社設立
八王子市の飲食店営業許可申請
キャバクラと未成年
新宿二丁目の深夜酒類提供飲食店営業
世田谷区の深夜酒類提供飲食店営業
店舗型性風俗特殊営業と風営法
港区六本木の風俗営業許可申請
渋谷区代々木の特定遊興飲食店営業
江戸川区小岩の飲食店営業許可申請
特定遊興飲食店営業を無許可でやると…
湯島の深夜酒類提供飲食店営業届出
新宿区大久保の深夜酒類提供飲食店営業
警察の立入り拒否で逮捕:風営法違反
港区新橋の風俗営業許可申請
港区赤坂の深夜酒類提供飲食店営業
渋谷区の飲食店営業許可申請
スナックと飲食店営業許可
歌舞伎町の風俗営業許可申請
スナックの営業時間と風営法
港区赤坂の風俗営業許可申請
三軒茶屋の深夜酒類提供飲食店営業届出
歌舞伎町の深夜酒類提供飲食店営業届出
小金井市の風俗営業許可申請
中野区の深夜酒類提供飲食店営業届出
歌舞伎町で雀荘を開業する
湯島の風俗営業許可申請と深酒届出
渋谷区の深夜酒類提供飲食店営業届出
赤坂警察署の風俗営業許可申請
渋谷区の風俗営業許可申請と深酒届出
練馬区の風俗営業許可申請

SSLだから安全・安心です

富岡行政法務事務所はSSLを導入済み。お客様の大切な個人情報を守ります!

お客様の個人情報を大切にする富岡行政法務事務所だから…
もちろんSSLにも対応!
アドレスバーの「https:」が信頼の証です

データは全て暗号化されていますので、お問い合わせフォームにも安心して入力できます

お客様の個人情報はとても大切なもの。依頼するときは、その事務所が「信頼できるか」をよく見極めて下さい

SSL導入の有無は、その判断の目安になるかと思います